映画監督・黒沢清と俳優・西島秀俊が互いに認める「特別な関係」 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画監督・黒沢清と俳優・西島秀俊が互いに認める「特別な関係」

AERA
普段からよく映画を観ている西島さん。「初めて現場をご一緒した頃、黒沢監督が約3千本もの映画を劇場で観てきたと知り、影響されました」(撮影/今村拓馬)

普段からよく映画を観ている西島さん。「初めて現場をご一緒した頃、黒沢監督が約3千本もの映画を劇場で観てきたと知り、影響されました」(撮影/今村拓馬)

西島秀俊(にしじま・ひでとし)1971年生まれ。94年に「居酒屋ゆうれい」で映画デビュー。黒沢清監督作品では、「ニンゲン合格」「蟲たちの家」「LOFT ロフト」に出演。近年はテレビドラマでも活躍(撮影/今村拓馬)

西島秀俊(にしじま・ひでとし)
1971年生まれ。94年に「居酒屋ゆうれい」で映画デビュー。黒沢清監督作品では、「ニンゲン合格」「蟲たちの家」「LOFT ロフト」に出演。近年はテレビドラマでも活躍(撮影/今村拓馬)

黒沢清(くろさわ・きよし)1955年生まれ。97年に公開された「CURE キュア」以降、世界的に注目を集める。オールフランスロケで撮影された「ダゲレオタイプの女」の公開も、今秋に控える(撮影/今村拓馬)

黒沢清(くろさわ・きよし)
1955年生まれ。97年に公開された「CURE キュア」以降、世界的に注目を集める。オールフランスロケで撮影された「ダゲレオタイプの女」の公開も、今秋に控える(撮影/今村拓馬)

 ただ唯一、西島君とだけは打ち解けてしまいそうで危ない(笑)。「君付け」で呼んでいるのは、実は西島君だけです。子役でも「さん付け」ですから。

「ニンゲン合格」で出会って以降、向いている方向は違ったのかもしれませんが、同じようにキャリアを重ね、お互い少しずつ幅を広げていったよね、という意識がきっとどこかにあるんでしょうね。

西島:僕にとって黒沢監督は出会った頃からすごい監督で、どんどん上に行かれているので、ただただ、すごいなと思って見上げています。

 こんなことを言うのはおこがましいのですが、「映画ってこういうものではないか」とぼんやりと考えているものが、黒沢監督とは近いのではないか、と勝手に思っています。言葉にするのはなかなか難しいですが。

黒沢:撮影現場の人間関係って、作品のいたるところに映ってしまっている気はしますね。それは俳優さんだけでなく、スタッフとの関係も同じです。だからこそ、あまりなれ合いの関係になりたくない。必ず作品に出てしまいますから。

──それぞれが、別の作品に取り組んでいるときは、気になるものなんでしょうか?

黒沢:めちゃくちゃ気になりますよ。「こんな役をやるのか、悔しいな」と思う場合もあれば、「僕だったら、こうはしないんだけどな」と思う場合もある。両方ですね(笑)。冷静ではいられないですね。何人かはそういう俳優さんがいらっしゃいます。特にデビューした頃に主演して下さった方は、やっぱり気になります。嫉妬もします。

西島:僕は正直、黒沢監督のほかのどの作品にも「出たかったな」と思っています。ただ、黒沢組は毎回すごい方が出ていらっしゃるので。「いつか、いつか」と思いながら、仕事をしているところはありますね。

黒沢:近年はテレビのさまざまな番組にも出ていらっしゃって、とても嫉妬なんていうレベルではないですけどね。僕の知らないところで、バラエティー番組などにも出演されていて、受け答えがこんなにうまいのか、と本当に驚きます。変に慣れていない感じが、実にうまい。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい