「世間は甘くないとわかった」と小6生 小中学校で行われる「AL」とは

教育

2016/02/04 16:00

 インドの学校との交流では、実体験から多くを学んだ。当初「勉強やから仕方ない」くらいに思っていたというAさんは、こう話す。

「薄暗い教室の床に座り、机も椅子もない状態でインドの子どもたちと同じように勉強してみたんです。その時、自分たちは恵まれていると気づきました」

 インドの友だちを本当に助けたいと思うようになった。本の出版も、収益金を寄付にあてるのが目的。子どもたちは12班に分かれ、先生や出版社とのやりとり、ライターや校正、宣伝などを分担した。

「テレビ局なんて簡単に来てくれると思ってました」と語るのはテレビ班のBさん。でも、依頼書の書き方さえわからない。インターネットで調べたり保護者や先生に聞いたりして何度も書き直した。

「自力で解決させたいから、少しヒントを与えるだけで添削はしていません」(三宅先生)
 
 10回も書き直した末、テレビ局に送ったが反応はゼロ。

「世間は甘くないということがわかりました(笑)」(テレビ班のCさん)

 出来上がった128ページの本、『ナマステ!会いたい友だちと』(さくら社)は子どもたちの6年間の学びのすべてが詰まった宝物だ。

AERA 2016年2月1日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 休校中は夏休みより「100倍すごい自由研究」を 学習塾代表の「才能の伸ばし方」

    休校中は夏休みより「100倍すごい自由研究」を 学習塾代表の「才能の伸ばし方」

    AERA

    4/16

    小学校入学前に親が知っておきたい! 子どもへの声かけ&サポート

    小学校入学前に親が知っておきたい! 子どもへの声かけ&サポート

    AERA

    4/2

  • 受験のストレス発散でおにぎりを?子ども部屋の大量のゴミに母は涙 中学入試で親子の距離は…

    受験のストレス発散でおにぎりを?子ども部屋の大量のゴミに母は涙 中学入試で親子の距離は…

    dot.

    1/10

    島での「あったらいいな」を小学6年生がプログラミングで実現? 離島の教育
    筆者の顔写真

    福田晴一

    島での「あったらいいな」を小学6年生がプログラミングで実現? 離島の教育

    AERA

    4/24

  • 魔の9月1日 車のハンドルをガードレールへ動かそうとした少女は…
    筆者の顔写真

    石井志昂

    魔の9月1日 車のハンドルをガードレールへ動かそうとした少女は…

    dot.

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す