AERA dot.

東芝を狂わせた「巨額買収」 世界に打って出た結果…

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#企業#東芝

記者会見で頭を下げる東芝の田中久雄社長。歴代3社長が辞任に追い込まれた/7月21日、東京都港区 (c)朝日新聞社 

記者会見で頭を下げる東芝の田中久雄社長。歴代3社長が辞任に追い込まれた/7月21日、東京都港区 (c)朝日新聞社 

 東芝の信頼が失墜した。つまずきは、あの巨額買収だった。原子力事業で世界に打って出た結果、経営は大きく狂った。

 日本を代表するエクセレントカンパニーが、なぜ全社ぐるみの「粉飾決算」に突き進んだのか。原子力事業部で元社長の佐々木則夫氏と机を並べた東芝OBは、こう打ち明ける。

「2006年に決まった米国の原発メーカー、ウェスチングハウス(WH)の買収から東芝の経営は狂い始めました。三菱重工業に決まりかけていた案件を横取りした買収でした。そのために破格の金額を投じた。原発というリスクの高い事業に社運をかけた経営の失敗です」

 6千億円を超える巨額買収は、「その半分でも高すぎる」と本命の三菱重工を啞然とさせた。

「当時、社長だった西田(厚聡(あつとし))さんの頭にあったのは日立製作所です。原発の市場を取って日立を突き放そう、と考えたのでしょう」(前出の東芝OB)

 日立とは、電機から半導体まであらゆる分野でぶつかり、競い合うライバルだった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

   企業 , 東芝 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加