「住みたい街」と「子育てしたい街」が違う理由 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「住みたい街」と「子育てしたい街」が違う理由

日曜日の多摩川

日曜日の多摩川

 住む“かたち”が変われば、住む街も変わる。シングル、ファミリー、子育て世代…それぞれ「人気の街」は大きく異なる。あなたが住みたい街はどこ?

 ニコタマ──東京都世田谷区の東急田園都市線二子玉川駅周辺は、そう呼ばれる。セレブなミセスが集うおしゃれな街だ。東京都内で大学職員として働く女性Aさん(37)は5カ月前、そんなあこがれのニコタマに家を建てた。土地と建物合わせて5200万円。

「ほしいものを手に入れた満足感がすごくありました」

 Aさんは金融機関で働く夫(41)と長男(4)の3人暮らし。夫婦共に正規雇用で、世帯年収は約1100万円。横浜の生まれで、ニコタマは昔から好きだった。6年前に同僚だった夫と結婚。憧れの街でマンション暮らしを始め、長男の誕生を機に家を建てた。

 人気が高いように思えるニコタマだが、ここで注目したいのがリクルート住まいカンパニーの「2015年版 みんなが選んだ住みたい街(駅)ランキング」。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい