安倍政権の政策に「気持ち悪いフレーズ」?女性の本音

働く女性

2014/12/16 16:00

 安倍政権は10月、「すべての女性が輝く政策パッケージ」を決めた。子育て支援、主婦の再就職支援、パートの正社員化、在宅勤務の推進、セクハラ防止策の徹底など多岐にわたる項目が並ぶ。だがそこには、「産め、働け、育てよ、介護せよ」といった本音の号令が透けて見える。女性10人に同パッケージを熟読してもらったところ、厳しい意見が飛んだ。

あわせて読みたい

  • 質より量の保育園拡充「給食も間に合わない」惨状

    質より量の保育園拡充「給食も間に合わない」惨状

    AERA

    8/18

    混乱する保活 『幼児教育・保育の無償化』の波でさらなる激化か?

    混乱する保活 『幼児教育・保育の無償化』の波でさらなる激化か?

    AERA

    2/21

  • 「保活」の理不尽 0歳4月に入園するため帝王切開での出産1カ月早める

    「保活」の理不尽 0歳4月に入園するため帝王切開での出産1カ月早める

    AERA

    8/21

    都内認可園の保育士の賃金、最低は「年間約228万円」 給与上がらず「保育の質」が低下

    都内認可園の保育士の賃金、最低は「年間約228万円」 給与上がらず「保育の質」が低下

    AERA

    8/3

  • 保活戦線 ポイント基準の変更で早期復帰がムダになる?

    保活戦線 ポイント基準の変更で早期復帰がムダになる?

    AERA

    1/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す