小さな揺れでも大津波は起こる? 変わる地震の前提

2014/12/04 07:00

 海岸で強い揺れを感じたら、高い所に逃げろ──。これは東日本大震災の教訓だが、万能ではない。揺れは小さくても、大津波に襲われることもあるからだ。1677年、茨城県から千葉県沖で発生した「延宝房総沖地震」がその例で、「津波地震」と呼ばれる特殊な地震だったと考えられている。

あわせて読みたい

  • 地震頻発の茨城県に謎の「空白域」

    地震頻発の茨城県に謎の「空白域」

    AERA

    2/18

    房総半島沖に「巨大地震の未知の震源」を発見 大津波が発生した痕跡も

    房総半島沖に「巨大地震の未知の震源」を発見 大津波が発生した痕跡も

    週刊朝日

    1/26

  • ノーマークの場所で見つかった 未知の「巨大活断層」の存在

    ノーマークの場所で見つかった 未知の「巨大活断層」の存在

    週刊朝日

    4/5

    地震学の権威が警告していた、首都圏直下大地震の戦慄

    地震学の権威が警告していた、首都圏直下大地震の戦慄

    週刊朝日

    4/25

  • 関東大震災とも元禄関東地震とも違う「新タイプM8級」の可能性

    関東大震災とも元禄関東地震とも違う「新タイプM8級」の可能性

    AERA

    9/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す