教授が「究極の個人情報」を公開 自ら学生の「教材」に

2014/01/27 07:00

 1千ドルで個人のゲノム(全遺伝情報)を読める時代がやってくる。病気のリスクを読み取るなど医療分野で役立てるほか、中には自分の遺伝子情報を公開し、教材にする人もいる。

あわせて読みたい

  • 中国が狙う「日本の遺伝子情報」 解析装置で情報ダダ漏れ?

    中国が狙う「日本の遺伝子情報」 解析装置で情報ダダ漏れ?

    週刊朝日

    11/25

    東大の地下に巨大麹室 「研究者は味噌汁と日本酒飲んで麹菌と一体になれ!」と教授

    東大の地下に巨大麹室 「研究者は味噌汁と日本酒飲んで麹菌と一体になれ!」と教授

    AERA

    4/26

  • 博士が愛したクラウド上の「ワトソン」 がん医療を変える?

    博士が愛したクラウド上の「ワトソン」 がん医療を変える?

    AERA

    9/8

    ゲノム編集で双子誕生は何が問題だったのか? 社会の不平等が広がる危険も

    ゲノム編集で双子誕生は何が問題だったのか? 社会の不平等が広がる危険も

    AERA

    5/2

  • 「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    AERA

    9/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す