張氏は「知りすぎた男」? 北の死刑の裏に「エンマ帳」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

張氏は「知りすぎた男」? 北の死刑の裏に「エンマ帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#北朝鮮

 処刑された北朝鮮の張成澤(チャンソンテク)氏の手による「エンマ帳」が、どこかに隠されているとの噂がある。金正恩(キムジョンウン)第1書記(30)の叔父で正恩体制ナンバーツーと呼ばれていたのが一転、「体制転覆を計画した国家反逆者」と断罪、12月12日に処刑されたあの張氏のことである。

 ロイヤルファミリーの一員として約40年間、金正日(キムジョンイル)、金正恩父子の側近として権力中枢にいた張氏。その彼が、北朝鮮中枢のからむ様々な謎や事件の真相を個人的につづった備忘録が存在するというのだ。

 本当に実在するなら、正恩氏を筆頭に、彼を手にかけた面々にとっては何としても回収したい代物だろう。「知りすぎた男」張氏は外貨稼ぎ機関の責任者を長く務め、金正恩時代では正恩氏の「裏資金」を深く知る立場にいた。

 逮捕わずか4日後に処刑したのも「生かしておくと、王朝のカネの問題がいつ本人や部下の口から飛び出すかわからない」と恐れたためか──。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい