事実婚夫婦 不妊治療「助成できない」と区役所

出産と子育て

2013/09/09 16:00

 制度にのっとった典型的な家族じゃない。そんな理由による社会的な差別が、相も変わらず続いてる。結婚していない「事実婚」夫婦の間に生まれた非嫡出子の遺産相続分を、嫡出子の半分と定めた民法に違憲判決が下され、制度はひとつ前進したかのようにみえる。だが相続以外でも、事実婚夫婦にとって不公平な制度はまだある。

あわせて読みたい

  • 結婚、離婚をくり返す事実婚夫婦「必要あれば何回でも」

    結婚、離婚をくり返す事実婚夫婦「必要あれば何回でも」

    AERA

    9/2

    「同じシングルマザーなのに…」格差が生まれる理由

    「同じシングルマザーなのに…」格差が生まれる理由

    AERA

    9/11

  • 小島慶子「選択的夫婦別姓制度に春は訪れるのだろうか」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「選択的夫婦別姓制度に春は訪れるのだろうか」

    AERA

    3/10

    不妊治療への保険適用 得するのは高所得層だけ…「治療の質低下」を招く可能性も

    不妊治療への保険適用 得するのは高所得層だけ…「治療の質低下」を招く可能性も

    AERA

    9/30

  • 出産後、父親はすぐに育休を取るべき理由と、不妊に悩む人が利用したい助成とは? 
    筆者の顔写真

    小泉正典

    出産後、父親はすぐに育休を取るべき理由と、不妊に悩む人が利用したい助成とは? 

    dot.

    9/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す