社員を公正に扱うアメリカ 妊婦にキツイ仕事を与えない配慮すら禁止

仕事

2012/11/16 11:00

 アメリカと言えば、女性の社会進出の先進国というイメージがある。そこには職場における独特の考え方があるようだ。日本との違いなどについて、スーザン・ルース駐日米大使夫人に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 家事の男女不平等、なぜ男性に「当事者意識」なし? 背景に「稼ぎは夫」「ケアは妻」の根深さ

    家事の男女不平等、なぜ男性に「当事者意識」なし? 背景に「稼ぎは夫」「ケアは妻」の根深さ

    AERA

    3/10

    「妊娠順番制」を破った30代女性保育士が受けた仕打ち
    筆者の顔写真

    小林美希

    「妊娠順番制」を破った30代女性保育士が受けた仕打ち

    dot.

    4/20

  • 「MC学童」など新たな取り組みも 商社が進める“モーレツな効率化”

    「MC学童」など新たな取り組みも 商社が進める“モーレツな効率化”

    AERA

    7/23

    「神の手」を持つ現役女性医師が答える! 女性の育児負担は改善しない

    「神の手」を持つ現役女性医師が答える! 女性の育児負担は改善しない

    週刊朝日

    9/26

  • リモートワークが子どもとの時間を増やす 週3在宅、3時退社など柔軟な働き方が可能なアメリカ
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    リモートワークが子どもとの時間を増やす 週3在宅、3時退社など柔軟な働き方が可能なアメリカ

    AERA

    11/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す