「子どものために黙って貯金」は相続資産とみなされる

増税

2012/11/11 07:00

 近い将来の相続税の増税を控え、「贈与」に注目が集まる。相続税が増税となる一方で、贈与税が一部緩和される見込みがあるためで、実際に生前贈与が増えている。では、生前贈与を上手に活用するにはどうすればよいか。

あわせて読みたい

  • 「生前贈与」で預貯金の相続税を抑える 金融機関で無料代行商品も

    「生前贈与」で預貯金の相続税を抑える 金融機関で無料代行商品も

    週刊朝日

    12/2

    親心があだになる? 暦年贈与は使うべしと専門家

    親心があだになる? 暦年贈与は使うべしと専門家

    AERA

    8/30

  • ルール見直しの「生前贈与」Q&A 相続税への「持ち戻し期間」は5年、7年に?

    ルール見直しの「生前贈与」Q&A 相続税への「持ち戻し期間」は5年、7年に?

    週刊朝日

    11/8

    プロが教える相続で損しない裏ワザ4つ 生保活用→非課税枠1人500万円も

    プロが教える相続で損しない裏ワザ4つ 生保活用→非課税枠1人500万円も

    週刊朝日

    6/25

  • 「コツコツ生前贈与」で高い相続税を回避せよ

    「コツコツ生前贈与」で高い相続税を回避せよ

    週刊朝日

    12/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す