5月号
甲南大学教授 田中貴子 Tanaka Takako
青い鳥を探して

2014/06/05 17:16

 ふた昔、いや、ひと昔前でも、オジサンと呼ばれる年代の男性が通勤電車で開く本は時代小説が多かった。それも、剣豪小説と呼ばれる男性作家のものばかり。しかし現在、時代小説はもう「男の聖域」を離れ、世代や性別を問わず広い読者層に親しまれるようになった。その功績者は、女性の時代小説作家だと言ってよいだろう。忠義と剣に生きる「おさむらい」に、お色気悪女か純情おぼこといったステレオタイプな女が絡む小説を喜ぶ読者ばかりではない(ドラマの「水戸黄門」に由美かおるの入浴シーンが1回はあるようなヤツですね)。女性時代作家の特色は、今まであまり描かれることのなかった職業や境遇の人々を細やかに語る点である。本書の著者もその一人だ。

あわせて読みたい

  • 12月号文芸評論家 菊池仁 Kikuchi Megumi奇想天外な着想と、波瀾万丈の物語を予感させる

    12月号文芸評論家 菊池仁 Kikuchi Megumi奇想天外な着想と、波瀾万丈の物語を予感させる

    12/9

    ワイン&間接照明&ジャズで演出 オシャレなやきとり屋が増殖中

    ワイン&間接照明&ジャズで演出 オシャレなやきとり屋が増殖中

    BOOKSTAND

    1/7

  • 東大の人気講義が覗ける本

    東大の人気講義が覗ける本

    BOOKSTAND

    6/23

    朝井まかての直木賞受賞作『恋歌』は「負けない小説」?

    朝井まかての直木賞受賞作『恋歌』は「負けない小説」?

    BOOKSTAND

    1/24

  • 近代小説のなかで、一人称の語り手

    近代小説のなかで、一人称の語り手"私"はどう描かれてきた?

    BOOKSTAND

    12/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す