4月号
文芸評論家 三浦雅士 Miura Masashi
歴史学の新しい流儀

2014/04/22 15:15

 先日、五味文彦の『後鳥羽上皇』を読んでさまざまなことを考えた。目崎徳衛の『史伝 後鳥羽院』もそうだが、歴史と文学、政治と文学についてまったく新しい眼で眺めるよう促されていると思えたのである。これは網野善彦の仕事と対比するといっそう明瞭になるのだが、網野の著作がフランスのアナール派に一脈通じる民衆史の文脈で話題になったのと対照的に、五味や目崎の著作では、固有名を持った1人の人間がそれ自体ひとつの政治的な装置として機能せざるをえないその仕組が顕わになるのである。もともと人間とはそういうものとしてあると思わせられる。

あわせて読みたい

  • 紫式部が「嘘っぱち!」と酷評した『枕草子』、清少納言はなぜキラキラした生活だけを描いたか

    紫式部が「嘘っぱち!」と酷評した『枕草子』、清少納言はなぜキラキラした生活だけを描いたか

    dot.

    9/23

    『枕草子のたくらみ「春はあけぼの」に秘められた思い』

    『枕草子のたくらみ「春はあけぼの」に秘められた思い』

    週刊朝日

    10/5

  • 砂子のなかより青き草

    砂子のなかより青き草

    週刊朝日

    7/17

    清少納言は28歳バツイチの自慢大好きブロガー!? 『枕草子』に秘められた“たくらみ”とは

    清少納言は28歳バツイチの自慢大好きブロガー!? 『枕草子』に秘められた“たくらみ”とは

    dot.

    9/23

  • 雪を愛でて楽しむ~平安文学に見られる雪~(後編)

    雪を愛でて楽しむ~平安文学に見られる雪~(後編)

    tenki.jp

    1/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す