12月号
編集者・書評家 松田哲夫 Mtsuda Tetsuo
恋するがごとくに

2013/12/09 15:54

 この本の魅力は、まずその語り口のおもしろさにある。それは「話芸」といった格式張ったものではなく、「話術」といった実務的なものでもない。自然体で融通無碍に、話すことを純粋に楽しんでいる。だから、ぼくたち聞き手には、音楽のように心地良い。造語してみれば「話楽」とでもいったところか。

あわせて読みたい

  • 高橋源一郎が「教科書」を作った理由

    高橋源一郎が「教科書」を作った理由

    dot.

    11/13

    石破氏の不出馬情報で票の行方は高市氏、野田氏?岸田氏本命、人気は河野氏の総裁選 若手議員ら語り合う

    石破氏の不出馬情報で票の行方は高市氏、野田氏?岸田氏本命、人気は河野氏の総裁選 若手議員ら語り合う

    dot.

    9/7

  • わが友の旅立ちの日に

    わが友の旅立ちの日に

    11/7

    インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ

    インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ

    週刊朝日

    3/13

  • なぜ、写真を選んだのか。鬼海弘雄が語る “世間のひと” (その2)

    なぜ、写真を選んだのか。鬼海弘雄が語る “世間のひと” (その2)

    アサヒカメラ

    6/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す