ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」が決定!受賞は角幡唯介氏の『極夜行』

2018/11/08 16:20

 全国の書店員が「いちばん売りたい本」を選出する「本屋大賞」と、Yahoo!ニュースがタッグを組んだ「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」が11月8日、東京・ヤフー株式会社紀尾井町オフィスで発表されました。
 第一回受賞作品は、角幡唯介氏の『極夜行』(文藝春秋)。太陽が昇らない北極の極夜の冒険を描いた作品です。
 主催者の同社取締役会長・宮坂学氏は、「本屋大賞から誘いがあり、二つ返事で協力させていただきました。Yahoo!ニュースというサービスではノンフィクションに関わっている著者がとても多い。最前線でいろんなものを見ている方のお役に立てれば」と、新設の賞への思いを語りました。
 選考の対象は、2017年7月1日から2018年6月30日の間に日本語で出版されたノンフィクション作品全般(※海外作品の翻訳本は除く)。約100人の書店員の投票で9月11日にノミネート10作品を発表し、二次選考を経て大賞の発表となりました。
 本屋大賞実行委員会からは、「ノンフィクションは定義しにくい分野ですが、候補には全国から素晴らしい本が集まりました。手に取るのをためらうような重いテーマもありますが、込められた熱量を感じてほしい」というコメントが読み上げられました。
 大賞を受賞した角幡唯介氏は「今はスマホの時代で本が読まれなくなっています。インターネットには情報があふれていますが、検索して出てくるのは結果でしかなく、過程が見えなくなっています。情報はリスクを負って労力をかけなければいけませんが、危険を冒す必要があるのか、と言われることも。しかし発掘されなければその事実は死んでしまいます」とノンフィクションの意義を語りました。

あわせて読みたい

  • 速報! ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」、最終ノミネート作10作品が発表

    速報! ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」、最終ノミネート作10作品が発表

    BOOKSTAND

    9/11

    探検家・角幡唯介が旅を台無しにされた1冊 「面白すぎて雪男捜索がおざなりに」

    探検家・角幡唯介が旅を台無しにされた1冊 「面白すぎて雪男捜索がおざなりに」

    週刊朝日

    8/17

  • ヤフー×本屋大賞「2019年ノンフィクション本大賞」、ノミネート作6作品が発表

    ヤフー×本屋大賞「2019年ノンフィクション本大賞」、ノミネート作6作品が発表

    BOOKSTAND

    8/1

    ヤフーと本屋大賞が「ノンフィクション本大賞」を新設 賞金は100万円

    ヤフーと本屋大賞が「ノンフィクション本大賞」を新設 賞金は100万円

    BOOKSTAND

    7/11

  • 探検家・角幡唯介 GPSなどを持たずに極地への冒険に赴く 本能と感覚で得た経験を伝える

    探検家・角幡唯介 GPSなどを持たずに極地への冒険に赴く 本能と感覚で得た経験を伝える

    AERA

    11/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す