あの新聞は和服姿の小言おじさん? 現代だからこそ必要な "芸人式"新聞の読み方

2017/06/26 17:00

 インターネットを通じて情報収集することが当たり前になってきた昨今、よく目にする光景の1つが「炎上」だ。毎日のように立場の違う人間同士の議論が巻き起こり、ときには謝罪にまで追い込まれる人も少なくない。こんな状況に対し、少し窮屈さを覚えている人も少なくないのではないだろうか? お笑い芸人・プチ鹿島氏の『芸人式新聞の読み方』は、今の時代にあえて旧メディアとも言われる新聞の読み方を指南する1冊だ。

あわせて読みたい

  • 呪われた五輪「戦犯・不祥事」の金メダルは? 時事芸人プチ鹿島が選ぶ

    呪われた五輪「戦犯・不祥事」の金メダルは? 時事芸人プチ鹿島が選ぶ

    週刊朝日

    7/21

    AKB48ってもしかしてプロレスだった?

    AKB48ってもしかしてプロレスだった? "プロレス脳"が人をタフにする理由

    BOOKSTAND

    10/2

  • 12月4日深夜 ついにあの「水道橋博士のメルマ旬報」がテレビ番組に

    12月4日深夜 ついにあの「水道橋博士のメルマ旬報」がテレビ番組に

    BOOKSTAND

    11/20

    “3人のおじさん”に2000人が集結 「東京ポッド許可局」が起こした奇跡

    “3人のおじさん”に2000人が集結 「東京ポッド許可局」が起こした奇跡

    AERA

    10/23

  • 安倍3期目最初の仕事は「カツカレー食い逃げ犯人捜し」? 総裁選論評で異彩を放つ農業新聞

    安倍3期目最初の仕事は「カツカレー食い逃げ犯人捜し」? 総裁選論評で異彩を放つ農業新聞

    dot.

    9/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す