1日に2000ボケ! "伝説のハガキ職人"の壮絶な闘い

2017/03/31 18:00

 又吉直樹さんが執筆した『火花』(文藝春秋刊)の芥川賞受賞を皮切りに、小学館が「よしもと新書」という芸人専門の新たな新書レーベルを立ち上げたり、文藝春秋が数多の芸人を執筆陣に揃えた『文藝芸人』を発売したり、書き手としての芸人にかつてないほど注目が集まっている。そんな中、吉本の劇場で作家を務めた経験があり、一部のラジオリスナーの間で"伝説のハガキ職人"として知られるツチヤタカユキさんが、自身の壮絶なまでの笑いとの闘いを記した『笑いのカイブツ』(文藝春秋刊)を上梓した。

あわせて読みたい

  • "新作のオッサン"を連れて帰るオカン、天使のように美しいホスト... 心にヒリリとくる一冊

    BOOKSTAND

    6/22

    「笑い」が好きで小学生の頃はギャグ漫画に影響を受けた------アノヒトの読書遍歴:松居大悟さん(前編)

    「笑い」が好きで小学生の頃はギャグ漫画に影響を受けた------アノヒトの読書遍歴:松居大悟さん(前編)

    BOOKSTAND

    9/6

  • 兼近大樹さん、初の小説『むき出し』を発表

    兼近大樹さん、初の小説『むき出し』を発表

    PR TIMES

    10/6

    ”大喜利力”を鍛えた麒麟・川島 どのポジションもこなす桁外れのお笑いの精度
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    ”大喜利力”を鍛えた麒麟・川島 どのポジションもこなす桁外れのお笑いの精度

    dot.

    5/30

  • 90年代ラジオの黄金期の青春とハガキ職人たちのその後

    90年代ラジオの黄金期の青春とハガキ職人たちのその後

    AERA

    9/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す