実母との絶縁、夫の余命宣告......写真家・植本一子が描く"家族"のリアル

2017/02/22 08:00

 25歳年上の夫は、日本語ラップの先駆者でラッパーの「ECD(イーシーディー)」こと石田義則さん。現在でもミュージシャン・DJとして音楽活動を続け、『失点・イン・ザ・パーク』(太田出版刊)などの著作も持つ人物です。

あわせて読みたい

  • 女性写真家が描き出す、末期癌の夫との「生」の記録

    女性写真家が描き出す、末期癌の夫との「生」の記録

    BOOKSTAND

    1/22

    「いいことばかりじゃなくても大丈夫と思える」コロナ禍に日記を読む効用

    「いいことばかりじゃなくても大丈夫と思える」コロナ禍に日記を読む効用

    週刊朝日

    5/18

  • がんでも長生きするには「余命宣告に惑わされない」

    がんでも長生きするには「余命宣告に惑わされない」

    週刊朝日

    6/16

    人生最後のご馳走

    人生最後のご馳走

    週刊朝日

    10/22

  • 【「本屋大賞2020」候補作紹介】『ライオンのおやつ』――33歳で余命宣告され...人生最後に食べたい「おやつ」をめぐる心温まる物語

    【「本屋大賞2020」候補作紹介】『ライオンのおやつ』――33歳で余命宣告され...人生最後に食べたい「おやつ」をめぐる心温まる物語

    BOOKSTAND

    3/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す