茶室の暗さこそが日本の美...文学から見る"茶の湯"の世界

2016/09/26 12:00

 室町・江戸時代に広く一般にまで普及、以後近代にいたるまで、日本を代表する文化のひとつとなっている"茶の湯"。その独特な美意識は、他の芸術分野----狂言や歌舞伎、俳諧や浮世草子、近代文学などにも影響を与えました。

あわせて読みたい

  • 文豪・谷崎潤一郎が愛した女たち

    文豪・谷崎潤一郎が愛した女たち

    BOOKSTAND

    1/5

    貴方は『細雪』の何処が好き?―弥生美術館から再発見する谷崎潤一郎―

    貴方は『細雪』の何処が好き?―弥生美術館から再発見する谷崎潤一郎―

    tenki.jp

    4/25

  • 椎名林檎、ライブ映像作品より厳選したライブクリップ25本を公開

    椎名林檎、ライブ映像作品より厳選したライブクリップ25本を公開

    Billboard JAPAN

    4/16

    茶席の椿 床の間を飾るつぼみ一輪の美しさ

    茶席の椿 床の間を飾るつぼみ一輪の美しさ

    tenki.jp

    11/11

  • 無印良品と「東山文化」の共通点とは

    無印良品と「東山文化」の共通点とは

    BOOKSTAND

    12/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す