本との出会いは小学生の時に読んだ「怪人二十面相シリーズ」 ------アノヒトの読書遍歴:鵜飼秀徳さん(前編)

2015/10/09 07:30

「日経ビジネス」の記者として、政治、経済、芸術、宗教など、幅広い分野で活躍する鵜飼秀徳さん。実家がお寺ということもあり、今年5月には、宗教に関連した『寺院消滅』を出版。また、仕事柄出張が多く、その土地にまつわる作品を調べてはその本を読み、文学作品の舞台になった場所を訪れたりするんだそうです。そんな鵜飼秀徳さんに日頃の読書の生活についてお話を伺いました。

あわせて読みたい

  • 東山魁夷の作品から心の在り方をもう一度見つめてみる ------アノヒトの読書遍歴:鵜飼秀徳さん(後編)

    東山魁夷の作品から心の在り方をもう一度見つめてみる ------アノヒトの読書遍歴:鵜飼秀徳さん(後編)

    BOOKSTAND

    10/9

    学生時代は星新一などのSF作品に没頭した ------アノヒトの読書遍歴:今柊二さん(前編)

    学生時代は星新一などのSF作品に没頭した ------アノヒトの読書遍歴:今柊二さん(前編)

    BOOKSTAND

    8/21

  • 問題形式に言葉遊び...普段から「頭を使う本」を読むようにしている ------アノヒトの読書遍歴:和田裕美さん(後編)

    問題形式に言葉遊び...普段から「頭を使う本」を読むようにしている ------アノヒトの読書遍歴:和田裕美さん(後編)

    BOOKSTAND

    2/2

    東村アキコさんの『かくかくしかじか』は、何かをやり遂げたいと思っている人に読んでほしい一冊 ------アノヒトの読書遍歴:大森靖子さん(後編)

    東村アキコさんの『かくかくしかじか』は、何かをやり遂げたいと思っている人に読んでほしい一冊 ------アノヒトの読書遍歴:大森靖子さん(後編)

    BOOKSTAND

    4/28

  • 上野顕太郎さんの『さよならもいわずに』を読んで、周りにいる人を大切にしようと思った ------アノヒトの読書遍歴:大森靖子さん(前編)

    上野顕太郎さんの『さよならもいわずに』を読んで、周りにいる人を大切にしようと思った ------アノヒトの読書遍歴:大森靖子さん(前編)

    BOOKSTAND

    4/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す