定期的に通う書店を見つけることで発見する本の「別の魅力」とは

2015/07/29 07:30

 2014年12月22日、渋谷教育学園渋谷中学高等学校にて行われた、作家・中村邦生さんによる講演「文学を楽しむ――なぜ富士には月見草が似合うのか」。中高生に向け、文学の楽しさをわかりやすく、かつ本質を突きながら語った、同講演が加筆修訂され、一冊の本『はじめての文学講義――読む・書く・味わう』となりました。

あわせて読みたい

  • はじめての文学講義読む・書く・味わう

    はじめての文学講義読む・書く・味わう

    週刊朝日

    10/1

    特段話すことがない相手との会話を円滑にする方法

    特段話すことがない相手との会話を円滑にする方法

    BOOKSTAND

    5/4

  • 学校の国語で文章力や説明力が身につかない最大の理由とは?

    学校の国語で文章力や説明力が身につかない最大の理由とは?

    ダイヤモンド・オンライン

    11/25

    「絶望」のアンソロジー 「偏った読書傾向」の人が推薦した作品で構成

    「絶望」のアンソロジー 「偏った読書傾向」の人が推薦した作品で構成

    AERA

    5/9

  • 本の言葉は生きる力に!?今日4月2日は、国際こどもの本の日

    本の言葉は生きる力に!?今日4月2日は、国際こどもの本の日

    tenki.jp

    4/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す