『陰獣』は、エロティックな意味じゃない! リニューアル版乱歩文庫の解説はトリビア満載

2015/02/21 09:00

 今年で没後50年を迎える、推理小説界の巨匠・江戸川乱歩。これまでにも乱歩の作品を多数刊行してきた春陽堂書店では、このタイミングに合わせ、江戸川乱歩文庫をリニューアルし、2月下旬から順次刊行します。表紙の装丁は、多賀新氏の手による銅版画装画をそのまま採用していますが、従来のものより色味を鮮明にしており、乱歩の世界観がさらに伝わってきます。さらに今回のリニューアル版からは、裏表紙に銅版画の全体図と、新たに解説も追加。巻末付録で収録作品すべての解説が読めるほか、雑誌掲載当時の広告も載せています。

あわせて読みたい

  • “江戸川乱歩”に人々が魅せられた理由を紐解く 『乱歩とモダン東京』

    “江戸川乱歩”に人々が魅せられた理由を紐解く 『乱歩とモダン東京』

    週刊朝日

    4/24

    満島ひかり「『セリフは原作どおり』をタテにやりたい放題」 乱歩ドラマの舞台裏

    満島ひかり「『セリフは原作どおり』をタテにやりたい放題」 乱歩ドラマの舞台裏

    週刊朝日

    3/25

  • 人間椅子、江戸川乱歩ら寄稿の雑誌“新青年”を冠した30周年記念アルバムリリースへ

    人間椅子、江戸川乱歩ら寄稿の雑誌“新青年”を冠した30周年記念アルバムリリースへ

    Billboard JAPAN

    3/4

    アノヒトの読書遍歴 今泉泰幸さん(前篇)

    アノヒトの読書遍歴 今泉泰幸さん(前篇)

    BOOKSTAND

    9/29

  • 模倣の殺意

    模倣の殺意

    5/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す