思想家・内田樹さんが安倍政権の暴走を"妄想"するわけ

安倍政権

2014/11/16 09:30

「緊急事態に対処できるようにするための法整備」として憲法の解釈変更を決めた安倍政権。国防戦略の観点から国益のことを最大限考慮した選択と見ることもできますが、そこには思わぬ落とし穴があると、思想家の内田樹さんは自著『街場の戦争論』の中で指摘しています。

あわせて読みたい

  • 内田樹「『クリーンな保守新党』が立ち上がるという未来予測をしてみる」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「『クリーンな保守新党』が立ち上がるという未来予測をしてみる」

    AERA

    9/14

    内田樹、沖縄県知事選は「『大きな地殻変動の予兆かも』と解釈」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹、沖縄県知事選は「『大きな地殻変動の予兆かも』と解釈」

    AERA

    10/10

  • 内田樹「長期政権の没落を呼び込むのは為政者自身の無能や失政ではない」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「長期政権の没落を呼び込むのは為政者自身の無能や失政ではない」

    AERA

    3/19

    姜尚中×内田樹対談 日本は改憲論議をしている場合か

    姜尚中×内田樹対談 日本は改憲論議をしている場合か

    AERA

    9/16

  • 内田樹「日本学術会議問題は『大学人』=『学者』の認識違いに始まる」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「日本学術会議問題は『大学人』=『学者』の認識違いに始まる」

    AERA

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す