涙は「枯れる」まで泣くほうがいい?

2014/09/12 06:30

 まず人には自律神経というものがあります。自律神経は、呼吸や血液循環など生きていく上で大切な体の働きを無意識下でコントロールしていて、緊張や興奮を促す交感神経と、リラックスや安静を促す副交感神経に分けられます。涙を流すメカニズムもこれと深く関わっていて、人の体内で交感神経が優位な状態(緊張や興奮状態)から、副交感神経が優位な状態(リラックス状態)に切り替わることで、人は涙を流すというのです。つまり、涙を流す行為自体が、緊張や興奮状態から解放され、リラックス状態になることを指すのです。

あわせて読みたい

  • 泣けば堂々「涙のエリート」? 涙活に「泣語家」登場

    泣けば堂々「涙のエリート」? 涙活に「泣語家」登場

    AERA

    12/19

    話題の「涙活」イベントに参加し、泣けず…

    話題の「涙活」イベントに参加し、泣けず…

    週刊朝日

    5/26

  • 涙には味がある? 甘い涙を流させてくれた『Codaコーダあいのうた』 鈴木おさむ
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    涙には味がある? 甘い涙を流させてくれた『Codaコーダあいのうた』 鈴木おさむ

    dot.

    2/24

    梅雨シーズンに陥りがちな体調不良。原因と対策を考えよう

    梅雨シーズンに陥りがちな体調不良。原因と対策を考えよう

    tenki.jp

    6/2

  • 芸術も自律神経のバランスが大事 横尾忠則が説く「鈍感力」の必要性
    筆者の顔写真

    横尾忠則

    芸術も自律神経のバランスが大事 横尾忠則が説く「鈍感力」の必要性

    週刊朝日

    9/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す