政府の集団的自衛権行使容認、若き論客が見た日本政治の問題点とは?

集団的自衛権

2014/07/03 11:30

 同盟国が攻撃を受けたときに日本も武力行使を行うという集団的自衛権の問題。7月1日、政府は自民・公明の両党が了承したことで、憲法解釈を変更することを閣議決定しました。永田町の首相官邸前では集団的自衛権の行使容認に反対する市民団体などの呼びかけで、1万人(主催者発表)もの人々が抗議の集会やデモを行い、マスコミも「憲法9条が破壊された」「日本が戦争できる国に」などの批判を繰り広げています。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す