ある日、HIVと診断されたら... 悲しみの現場を描いた『東京千夜』

2013/10/18 16:00

アジア諸国の障害者や物乞いを追ったノンフィクション『物乞う仏陀』や、東日本大震災の爪痕を綴った『津波の墓標』など、国内外の貧困、歴史、医療、戦争などをテーマに精力的に執筆を続けている石井光太さん。

あわせて読みたい

  • ノンフィクション作家・石井光太が描く、知られざる

    ノンフィクション作家・石井光太が描く、知られざる"原爆資料館生みの親"の存在

    BOOKSTAND

    7/4

    ノンフィクション作家が見た貧困の実情「貧困が犯罪を生むのではない」その真意とは?

    ノンフィクション作家が見た貧困の実情「貧困が犯罪を生むのではない」その真意とは?

    AERA

    11/17

  • 混迷するイラクのリアルを伝える――作家・石井光太×フォトジャーナリスト・林典子

    混迷するイラクのリアルを伝える――作家・石井光太×フォトジャーナリスト・林典子

    BOOKSTAND

    1/19

    タイで日本人が起こした代理母出産をめぐる事件がおよぼした影響

    タイで日本人が起こした代理母出産をめぐる事件がおよぼした影響

    dot.

    5/25

  • 作家・石井光太が暴く「子ども殺し」の全貌――親はなぜ、愛するわが子を殺してしまうのか?

    作家・石井光太が暴く「子ども殺し」の全貌――親はなぜ、愛するわが子を殺してしまうのか?

    BOOKSTAND

    9/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す