呪われた五輪「戦犯・不祥事」の金メダルは? 時事芸人プチ鹿島が選ぶ (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

呪われた五輪「戦犯・不祥事」の金メダルは? 時事芸人プチ鹿島が選ぶ

菊地武顕週刊朝日#東京五輪
森喜朗(前大会組織委会長) (c)朝日新聞社

森喜朗(前大会組織委会長) (c)朝日新聞社

 エンブレムの盗作騒動や招致を巡る買収疑惑、女性の容姿を侮辱する言動等々、振り返れば(まだ大会が始まってもいないのに!)東京五輪を巡る不祥事は数えきれない。「負のレガシー」として記憶にとどめておくべき出来事や人物を、“時事芸人”のプチ鹿島さんに選んでもらった。

【写真】呪われた五輪「戦犯・不祥事」の金メダルはこの人!
プチ鹿島さん (事務所提供)

プチ鹿島さん (事務所提供)

*  *  *
「数々起きたゴタゴタは、どれもこれもすごい。ランキングをつけるにしても、オリンピックらしく大接戦ですね」

 新聞14紙を読みこなし、時事ネタを得意とする芸人のプチ鹿島さんは開口一番、そう語った。

 2013年9月、IOC総会で東京大会の開催が決まると、大きな喜びが日本を包んだ。しかしその後、数々の問題点が噴き出した。鹿島さんは、招致運動のプレゼンテーションでついた「嘘(うそ)」が、その後のゴタゴタの伏線になっていると感じている。

「安倍(晋三首相。肩書はいずれも当時)さんが原発の汚染水について『アンダーコントロール』と言ったわけですが、その嘘がブーメランのように返ってきています」
安倍晋三(前首相) (c)朝日新聞社

安倍晋三(前首相) (c)朝日新聞社

 福島第一原発の汚染水漏れはその後も続き、廃炉への道筋すら、いまだにめどが立たない。

「『東京の夏は温暖で理想的な気候』というのも、よくぞ言ったものです。暑さもコロナウイルスもコントロールできないまま、大会は始まります。『お・も・て・な・し』という言葉も今思えば、“五輪貴族”に対するおもてなしのことだったんでしょう。入管に閉じ込められたまま亡くなる外国人もいる国なのに……。海外の選手たちを隔離して、どうおもてなしをするんでしょうね」

 招致運動をめぐる買収疑惑が明るみに出て、フランス当局の捜査対象となった竹田恒和JOC会長は、任期満了とともに退任した。

「フランス側の捜査は続いています。JOCは違法な支出ではないと発表しましたが、疑いがもたれている当事者がお手盛りの調査をしただけ。森友問題の財務省と同じです。招致に大金が動く構図が想像され、アメリカのテレビ局のため真夏に開催することも含め、五輪はIOCの興行にすぎないことが可視化されました」


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい