呪われた五輪「戦犯・不祥事」の金メダルは? 時事芸人プチ鹿島が選ぶ

東京五輪

2021/07/21 07:00

森喜朗(前大会組織委会長) (c)朝日新聞社
森喜朗(前大会組織委会長) (c)朝日新聞社
 エンブレムの盗作騒動や招致を巡る買収疑惑、女性の容姿を侮辱する言動等々、振り返れば(まだ大会が始まってもいないのに!)東京五輪を巡る不祥事は数えきれない。「負のレガシー」として記憶にとどめておくべき出来事や人物を、“時事芸人”のプチ鹿島さんに選んでもらった。

【写真】呪われた五輪「戦犯・不祥事」の金メダルはこの人!


森喜朗(前大会組織委会長) (c)朝日新聞社
森喜朗(前大会組織委会長) (c)朝日新聞社
 森氏同様、すっかり悪役になったのが「ぼったくり男爵」ことIOCのトーマス・バッハ会長だ。問題発言を連発し、今月13日には組織委の橋本聖子会長と面会した際、「日本の人々」と言うべきところを、あろうことか「中国の人々」と言い間違えた。

「つい本音が出たんですね。バッハさんにとっては、日本よりも中国のほうがずっと上客。来年の北京冬季五輪を成功させるために、日本は今回、滞りなくやってくれればいいと考えているんですよ。バッハさんにすれば、東京はかませ犬なんです。何で日本の国士といわれる人たちは、ここまでIOCに邪険にされて黙っているのか。“愛国者”の皆さん、これでいいんですか?」

 政治利用は、菅義偉首相にも引き継がれている。コロナ感染の抑え込みに完全に失敗し、ワクチン接種をめぐる施策は迷走。東京都議選をはじめ、直近の選挙で自民党は振るわず、何とか五輪を成功させたうえで解散・総選挙に臨もうという魂胆が見え見えだ。

1 2

あわせて読みたい

  • 「密室人事」オープンにして菅首相に嫌われた川淵三郎氏 森会長辞任で東京五輪開催は絶望的

    「密室人事」オープンにして菅首相に嫌われた川淵三郎氏 森会長辞任で東京五輪開催は絶望的

    週刊朝日

    2/13

    “キス報道”ですねにキズもつ橋本聖子新会長の苦悩 迫られる「二つの決断」と「最大の課題」

    “キス報道”ですねにキズもつ橋本聖子新会長の苦悩 迫られる「二つの決断」と「最大の課題」

    AERA

    2/22

  • 東京五輪の天皇陛下の開会宣言 国民の複雑な気持ちを“象徴”

    東京五輪の天皇陛下の開会宣言 国民の複雑な気持ちを“象徴”

    週刊朝日

    7/29

    森会長辞任で勝った小池都知事、負けた菅首相の明暗

    森会長辞任で勝った小池都知事、負けた菅首相の明暗

    週刊朝日

    2/12

  • 橋本聖子新体制で浮かび上がった「森vs.菅」の対立 首相が「川淵氏へ禅譲」に激怒した理由

    橋本聖子新体制で浮かび上がった「森vs.菅」の対立 首相が「川淵氏へ禅譲」に激怒した理由

    AERA

    2/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す