田中圭「ちょっと去年脱ぎすぎました(笑)」 息抜きは子どもとの時間! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田中圭「ちょっと去年脱ぎすぎました(笑)」 息抜きは子どもとの時間!

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
田中圭(たなか・けい)/1984年生まれ、東京都出身。2000年デビュー後、03年フジテレビのドラマ「WATER BOYS」で注目を集め、以降、ドラマや映画、舞台など幅広く活躍。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、ドラマ「東京タラレバ娘」などに出演し、映画「おっさんずラブ」で主演を務める。映画「記憶にございません!」(9月13日公開)に出演。

(撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/花村枝美、スタイリング/岡部美穂、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力/トゥモローランド)

田中圭(たなか・けい)/1984年生まれ、東京都出身。2000年デビュー後、03年フジテレビのドラマ「WATER BOYS」で注目を集め、以降、ドラマや映画、舞台など幅広く活躍。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、ドラマ「東京タラレバ娘」などに出演し、映画「おっさんずラブ」で主演を務める。映画「記憶にございません!」(9月13日公開)に出演。
(撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/花村枝美、スタイリング/岡部美穂、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力/トゥモローランド)

「人の感情に自分を合わせるというのは、すごく難しかったです」

 全世界での累計興行収入約529億円を記録した「GODZILLA ゴジラ」(2014年)の続編、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」で、初の日本語吹き替えに挑戦した人気俳優、田中圭さん。声優を務めるのは、物語のメインキャラクターで、家族と世界を守ろうと奔走するマーク・ラッセル(カイル・チャンドラー)役だ。3日間の収録を通じ、声の仕事の楽しさを知ったという。

【フォトギャラリー】全10枚!田中圭の自然体の魅力をたっぷりお届け

「役にどこまで寄り添えるかが勝負で、自分ならこのシーンでこう演じるかなとか思ってはいけない。これまでにない感覚で、楽しかったです」

 人気を極め、映画にドラマにと、多忙な日々が続く。

「100仕事するなら、100遊ぶのがモットーでしたが、さすがに今それをやろうとしたら、自分が二人いないと無理ですね」


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい