日本は米国でもEV化で敗北する 古賀茂明

政官財の罪と罰

2022/10/25 06:00

古賀茂明氏
古賀茂明氏

 電気自動車(EV)のニュースを見ない日がない。それほど世界のEV化の流れは急だ。今年上半期のEV販売では、1位米テスラが1・5倍、2位中国BYDが3・5倍、3位上海汽車と4位フォルクスワーゲンも1・3倍の伸びだ。

【この記事の写真の続きはこちら】

 驚いたことに、中国や欧州に比べてEV化が遅れる米国でも、EVの販売がトヨタなどが得意とするハイブリッド車(HV)を上回り、その比率は6%に達した。EV化は10%超で急加速すると言われる。米国もその時期が近付いたと見るべきだろう。米国ではEV拡大にはまだ時間がかかると見て、HVでしばらく凌ごうと考えたトヨタやホンダの読みは完全に外れたのだ。ちなみに、BYDはガソリン車も含めた世界の自動車メーカーランキングで14位、テスラは17位。マツダとスバルを追い越した。

 米国で今最も注目を浴びるのが韓国の現代自動車だ。ワールドカーオブザイヤーの3冠王に輝いた同社の旗艦EV、IONIQ5は前年比2倍の16.9万台でEV販売世界5位に入ったが、米国では、もう一つの韓国の人気車種、起亜のEV6もバカ売れで、この2車種が各1・3万台売れた。トヨタの主力HVプリウスが1・5万台だから、逆転は間近だ。

 後れを取った日本車には、さらに逆風が吹く。カリフォルニア州が2035年にガソリン車販売を禁止するが、その前の26年にEVまたは燃料電池車(FCV)の比率を35%、30年には68%にする規制を導入する。さらにニューヨーク州など多くの州も追随するため、まだEVの大量生産ができないトヨタなどは非常に苦しい。

 州の規制だけではなく、連邦政府の補助金政策もEVに追い風、つまり、日本メーカーには逆風だ。EV1台当たり7500ドル(約110万円)の補助金が連邦政府から出るが、州独自の上乗せ補助金もあるので、HVとの価格差がこれで埋められてしまう。

 しかも、仮に日本メーカーがEV販売を増やしても、補助対象がNAFTA(北米自由貿易協定、メキシコ・カナダ・アメリカ3か国の協定)域内で最終組み立てが行われることという条件が課されるため、日本車では補助金の対象にならない。

NEXT

EVに賭けている韓国政府との違い

1 2

あわせて読みたい

  • どうなる? パナソニックの電池 古賀茂明
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    どうなる? パナソニックの電池 古賀茂明

    週刊朝日

    11/15

    欧州で加速するEV化 「トヨタ」が遅れを取る最大の理由と、残された“2つの道”

    欧州で加速するEV化 「トヨタ」が遅れを取る最大の理由と、残された“2つの道”

    dot.

    8/14

  • 進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

    進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

    週刊朝日

    12/7

    古賀茂明「安倍政権の戦略ミスで電気自動車は世界最後尾の日本 トヨタ社長の涙の意味」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍政権の戦略ミスで電気自動車は世界最後尾の日本 トヨタ社長の涙の意味」

    dot.

    7/10

  • 欧米規制強化で進む“電気自動車シフト”のウラ事情

    欧米規制強化で進む“電気自動車シフト”のウラ事情

    AERA

    3/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す