実は無冠の怪物、清原和博の心の闇 著者も引きつけられた不可思議な磁力

読書

2022/10/11 17:00

 文筆家・鈴木聞太さんが評する『今週の一冊』。今回は『虚空の人 清原和博を巡る旅』(鈴木忠平、文藝春秋 1760円・税込み)です。

あわせて読みたい

  • 異色のリーダー、落合博満 番記者が見た「新聞には書けない采配の裏側」

    異色のリーダー、落合博満 番記者が見た「新聞には書けない采配の裏側」

    週刊朝日

    11/13

    【速報】「2022年ノンフィクション本大賞」ノミネート6作品が決定! 『嫌われた監督』や『さよなら、野口健』など注目作が並ぶ

    【速報】「2022年ノンフィクション本大賞」ノミネート6作品が決定! 『嫌われた監督』や『さよなら、野口健』など注目作が並ぶ

    BOOKSTAND

    7/26

  • 落合博満はなぜ語らないのか、なぜいつも独りなのか。異端の名将の実像に迫るノンフィクション

    落合博満はなぜ語らないのか、なぜいつも独りなのか。異端の名将の実像に迫るノンフィクション

    BOOKSTAND

    10/16

    なぜ「西武の清原和博」はあれだけ輝いていたのか “巨人ファン”のライターが達した意外な結論

    なぜ「西武の清原和博」はあれだけ輝いていたのか “巨人ファン”のライターが達した意外な結論

    dot.

    10/20

  • 清原和博「家に帰りたい」と泣き虫だったPL、西武のスター時代

    清原和博「家に帰りたい」と泣き虫だったPL、西武のスター時代

    週刊朝日

    2/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す