京本大我が語ったジャニーズイズムへの葛藤「人を圧倒させられる何かがある」

2022/08/11 11:30

 自らの才を発揮する、最高のチャンスをつかんだ。滝沢秀明演出のオリジナルミュージカル「流星の音色」で、主演のみならず音楽も担当する京本大我(SixTONES)。突出した歌唱力を誇り、数々のミュージカルに出演してきた集大成となる大舞台を前に、己を鍛え上げた高すぎるプロ意識と、それゆえの葛藤を明かした。

あわせて読みたい

  • 京本大我「ただの2世じゃなくて、こいつの良さがあるなって感じてもらえるように」

    京本大我「ただの2世じゃなくて、こいつの良さがあるなって感じてもらえるように」

    週刊朝日

    8/11

    SixTONESの京本大我が「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場!「一瞬でもクオリティーに隙は見せられない」

    SixTONESの京本大我が「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場!「一瞬でもクオリティーに隙は見せられない」

    8/1

  • 京本大我にとって音楽とは 「悩んでいるからこそ生まれるメッセージを大切にしたい」

    京本大我にとって音楽とは 「悩んでいるからこそ生まれるメッセージを大切にしたい」

    AERA

    8/1

    京本大我「この気持ちが消えない限り、苦しいことがあっても、もがき続けると思います」

    京本大我「この気持ちが消えない限り、苦しいことがあっても、もがき続けると思います」

    AERA

    7/27

  • SixTONES「僕らの音楽をもっと届けたい」 大切にする“ジャニーズらしさ”と“SixTONES像”とは

    SixTONES「僕らの音楽をもっと届けたい」 大切にする“ジャニーズらしさ”と“SixTONES像”とは

    AERA

    2/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す