巨大地震の前に発生? 防災に役立つ「スロー地震」とは  防災研究最前線を追う

2022/08/15 08:00

 データには「ノイズ」という不要な情報がある。地震計のノイズには「スロー地震」という、巨大地震を予測できるかもしれないお宝情報があることが発見された。これを防災に役立てようと世界中で研究が進められている。

 地震大国の日本が警戒するものに、首都圏直下地震のほか、南海トラフ巨大地震がある。政府の中央防災会議は「科学的に想定される最大クラス」とし、静岡県から宮崎県の一部で震度7クラス、周辺の広い地域で震度6を想定する。

あわせて読みたい

  • 「役立たず」「パニックあおるだけ」 揺れてから鳴った地震速報の限界とは

    「役立たず」「パニックあおるだけ」 揺れてから鳴った地震速報の限界とは

    AERA

    6/19

    唯一予知できる?東海地震に備える

    唯一予知できる?東海地震に備える

    tenki.jp

    9/1

  • 南海トラフ地震「発生が早くなる」可能性も 専門家が指摘

    南海トラフ地震「発生が早くなる」可能性も 専門家が指摘

    AERA

    5/2

    関東大震災とも元禄関東地震とも違う「新タイプM8級」の可能性

    関東大震災とも元禄関東地震とも違う「新タイプM8級」の可能性

    AERA

    9/2

  • 海上保安庁が初めて実測した南海トラフの「ひずみ」 今後の地震研究に期待?

    海上保安庁が初めて実測した南海トラフの「ひずみ」 今後の地震研究に期待?

    dot.

    7/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す