永江朗「後半の展開と結末に驚愕」 国家と国籍と宗教を描く小説『帰りたい』

読書

2022/08/09 17:00

 ライター・永江朗さんの「ベスト・レコメンド」。今回は、『帰りたい』(カミーラ・シャムジー著 金原瑞人・安納令奈訳、白水社 3190円・税込み)を取り上げる。

あわせて読みたい

  • 無宗教でもこれだけは知っておきたい宗教のことばとは?

    無宗教でもこれだけは知っておきたい宗教のことばとは?

    dot.

    7/31

    米国が中国のウイグル族人権侵害を「ジェノサイド」と批判 日本はどう対応すべきか?

    米国が中国のウイグル族人権侵害を「ジェノサイド」と批判 日本はどう対応すべきか?

    AERA

    4/6

  • トランプ氏の過激発言に「哀れみしか感じない」 イスラム教徒が草の根活動

    トランプ氏の過激発言に「哀れみしか感じない」 イスラム教徒が草の根活動

    AERA

    5/9

    過激派が「トランプ暗殺指令」米国民へのテロを呼びかけるSNSが急増

    過激派が「トランプ暗殺指令」米国民へのテロを呼びかけるSNSが急増

    週刊朝日

    2/9

  • イスラム動画は映画「セブン」のワンシーン? 巧みな宣伝

    イスラム動画は映画「セブン」のワンシーン? 巧みな宣伝

    AERA

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す