満員電車に乗り合わせた7人に起きる小さな奇跡の物語…『奇跡集』

読書

2022/08/04 11:30

『奇跡集』(集英社 1760円・税込み)は朝の通勤電車に乗り合わせた7人の心のうちを描く連作小説だ。単位を落としそうな大学生、仕事で失敗した会社員、初デートに向かう女性、尾行中の刑事もいる。それぞれの身に起きた小さな奇跡がゆるやかにつながっていく。

あわせて読みたい

  • 【本屋大賞2019】瀬尾まいこさん『そして、バトンは渡された』 「愛情を注ぐ相手があることは幸せ」

    【本屋大賞2019】瀬尾まいこさん『そして、バトンは渡された』 「愛情を注ぐ相手があることは幸せ」

    BOOKSTAND

    4/9

    【「本屋大賞2019」候補作紹介】『ひと』――人生を好転させるには「ひと」が不可欠と教えてくれる物語

    【「本屋大賞2019」候補作紹介】『ひと』――人生を好転させるには「ひと」が不可欠と教えてくれる物語

    BOOKSTAND

    3/18

  • コロナ禍で一変する東京の様子を克明に写した貴重な記録 写真家・小野寺宏友

    コロナ禍で一変する東京の様子を克明に写した貴重な記録 写真家・小野寺宏友

    dot.

    7/25

    「ベビーカーは親のための道具」で論争再燃 海外の例は

    「ベビーカーは親のための道具」で論争再燃 海外の例は

    AERA

    4/15

  • 奇跡の人

    奇跡の人

    週刊朝日

    12/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す