人間関係は「関わらない」のも大事 帯津医師が「放っておく力」に共感

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2022/07/18 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「放っておく」。

あわせて読みたい

  • “怒らない”が認知症予防につながる? 医師が関係性を推測
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “怒らない”が認知症予防につながる? 医師が関係性を推測

    週刊朝日

    11/26

    『80歳の壁』86歳の帯津医師はどう見る? 自身との共通点と相違点
    筆者の顔写真

    帯津良一

    『80歳の壁』86歳の帯津医師はどう見る? 自身との共通点と相違点

    週刊朝日

    6/13

  • テレビも新聞もなくても不自由ない? 帯津医師「もう余分な情報はいらない」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    テレビも新聞もなくても不自由ない? 帯津医師「もう余分な情報はいらない」

    週刊朝日

    5/2

    がぜん、やる気に! 医師が「つまらない挑戦」に心ときめく理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    がぜん、やる気に! 医師が「つまらない挑戦」に心ときめく理由

    週刊朝日

    11/4

  • パンダに「これぞいのち!」 帯津医師が説く「こころ」と「いのち」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    パンダに「これぞいのち!」 帯津医師が説く「こころ」と「いのち」

    週刊朝日

    8/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す