基地移設問題はなぜ混迷したのか? 稲嶺惠一元知事が語る“自民党政権の裏切り”

沖縄問題

2022/05/18 07:00

 沖縄の日本復帰から、5月15日で50年を迎えた。だが、そこに祝祭ムードはなく、いつまで基地負担を押し付けるのかという沖縄の人々の不満と怒りは高まるばかり。日本人はあらためて、この現実を直視する必要がある。現地取材の結果を、前号に続きリポートする。

あわせて読みたい

  • 沖縄本土復帰50年「日本は帰るべき“祖国”だったのか」

    沖縄本土復帰50年「日本は帰るべき“祖国”だったのか」

    週刊朝日

    5/15

    名護の自民敗北で「鳩山発言」を蒸し返すメディアの無責任

    名護の自民敗北で「鳩山発言」を蒸し返すメディアの無責任

    週刊朝日

    1/31

  • 名護市長選 辺野古「容認派」当選の背景に「アメとムチ」?

    名護市長選 辺野古「容認派」当選の背景に「アメとムチ」?

    AERA

    2/10

    田原総一朗「基地の根底にある対米追従問題から目をそらすな」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「基地の根底にある対米追従問題から目をそらすな」

    週刊朝日

    2/15

  • 辺野古移設 県民投票「無視」でも安倍政権にとって重荷になる理由

    辺野古移設 県民投票「無視」でも安倍政権にとって重荷になる理由

    AERA

    2/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す