独裁政治が続いた時代の韓国 四方田犬彦『厳戒』を評者「感動的な作品」

読書

2022/03/10 07:00

 詩人の蜂飼耳さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『戒厳』(四方田犬彦著、講談社 2200円・税込み)の書評を送る。

あわせて読みたい

  • 民族でも国家でもなく 北朝鮮・ヘイトスピーチ・映画

    民族でも国家でもなく 北朝鮮・ヘイトスピーチ・映画

    週刊朝日

    5/28

    広瀬隆「韓国映画『タクシー運転手』に対する熱狂と感涙」
    筆者の顔写真

    広瀬隆

    広瀬隆「韓国映画『タクシー運転手』に対する熱狂と感涙」

    週刊朝日

    7/3

  • 広瀬隆「なぜ朝鮮戦争が起こったか」
    筆者の顔写真

    広瀬隆

    広瀬隆「なぜ朝鮮戦争が起こったか」

    週刊朝日

    7/31

    広瀬隆「キム・ヨナが歌った『3456』の意味」
    筆者の顔写真

    広瀬隆

    広瀬隆「キム・ヨナが歌った『3456』の意味」

    週刊朝日

    7/24

  • 東浩紀「真相究明で名誉を回復 その過程重視する韓国と日本の違い」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「真相究明で名誉を回復 その過程重視する韓国と日本の違い」

    AERA

    9/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す