今年はアメリカがバブル崩壊? 森永卓郎「株は全部売りました」

林真理子

2022/01/30 11:30

森永卓郎 (撮影/写真部・高橋奈緒)
森永卓郎 (撮影/写真部・高橋奈緒)

林:株はなさってるんですか。

森永:株は、株主優待用を残して去年全部売りました。私は今年、アメリカのバブルが崩壊して、株の大暴落が起きると思っています。そうすると日本も道連れですからね。バブル崩壊、私は今年の5月ぐらいかな、と思っています。

林:お話を伺っていると、株は大暴落しそうで、地震も起きそうとおっしゃるし、これからの日本、いい話題がないじゃないですか。

森永:林さんはいまご自宅、東京だけですか。

林:軽井沢にもあります。

森永:じゃあ、大丈夫ですね。そちらでも暮らせる態勢をつくっておいたほうがいいですよ。リスクヘッジのために。

林:そうですか。夏だけ過ごすつもりで暖房がないんですけど、暖房を入れようかな(笑)。

森永:私の家は田舎だからけっこう広くて、備蓄食料もあるし、畑を掘れば芋が出てきますし、リスクの備えとしては、比較的安心だと思っています。あとは水だけだと思って、去年、井戸掘り業者に来てもらったんです。そしたら、水害がコワくて高台に建てちゃったので、50メートル掘っても水が出る保証はないって言われて、結局、水はあきらめました。

林:私、自宅から歩いて3分ぐらいのところに、井戸があるおうちがあるんです。おまけに、歩いて2分のところの公園に東京都が水と乾パンを備蓄しているので、そこに行けばもらえるかなと……。

森永:うちも近所の農家の庭に井戸があるので、基本戦略はそのお宅と仲良くしようという(笑)。

林:話が変わりますが、森永さんはお子さんのときからオタクだったんですか。

森永:そうです。理由のひとつは、海外暮らしが原因でいじめを受けたことでした。父が毎日新聞の記者だったので、小学校1年生のときはアメリカのボストンに、4年生のときにはオーストリアのウィーンに、5年生のときにはスイスのジュネーブにいたんです。

林:当時まだめずらしかった帰国子女だったんですね。

森永:当時はまだ「リメンバー パールハーバー」のころで、日本人に対するいじめはとてつもなかった。つらかったのは、鬼ごっこをしたとき、私は捕まっても鬼にならないんです。私は人間じゃなくて、もともと鬼だから。

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • 「年収200万円時代」を提唱する森永卓郎の社会実験とは?

    「年収200万円時代」を提唱する森永卓郎の社会実験とは?

    週刊朝日

    1/29

    “お金を増やす”は幻想? 森永卓郎の「ひるまない技術」

    “お金を増やす”は幻想? 森永卓郎の「ひるまない技術」

    週刊朝日

    4/13

  • 英国EU離脱に森永卓郎氏「独裁者が生まれた1930年代のよう」

    英国EU離脱に森永卓郎氏「独裁者が生まれた1930年代のよう」

    週刊朝日

    6/29

    小林麻美、突然の引退からユーミンと約30年ぶりに再会 交友を絶っていた理由は?

    小林麻美、突然の引退からユーミンと約30年ぶりに再会 交友を絶っていた理由は?

    週刊朝日

    3/29

  • みやぞんの結婚観 「結局飽きたりしていくのかなと思うと、今はちょっと面倒くさいな」

    みやぞんの結婚観 「結局飽きたりしていくのかなと思うと、今はちょっと面倒くさいな」

    週刊朝日

    1/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す