介護の救世主に? 排せつ支援や見守りに広がる「すごい」センサー

ヘルス

2021/11/21 16:00

善光会が採用した卓上型ロボット
善光会が採用した卓上型ロボット

 人手不足に悩まされる介護分野で、救世主として期待されている技術の一つがセンサーだ。人の目や耳、手の代わりとなり仕事や暮らしを助けてくれる。見守りから排せつのサポート、危険の察知まで、介護の現場で進化する技術を紹介しよう。

【写真】排尿のタイミングを教えてくれる「排せつ予測機器」

*  *  *

 年を重ねるにつれ、悩まされることが多い排尿や排便のトラブル。何度もトイレに行ったり、間に合わずに漏れてしまったりすることを恐れ、外出や仕事をするのをためらう原因にもなる。

 ところが、「まだ大丈夫」「そろそろ」「出たかも」などと、排尿のタイミングを教えてくれる「排せつ予測機器」がある。ベンチャー企業「トリプル・ダブリュー・ジャパン」(東京都港区)が開発し、4年前から販売する「DFree(ディー・フリー)」だ。

「DFree(ディー・フリー)」 (トリプル・ダブリュー・ジャパン提供)
「DFree(ディー・フリー)」 (トリプル・ダブリュー・ジャパン提供)

 500円玉よりひと回りほど大きい装置を、専用の装着シートで下腹部に貼り付けておくと、スマホなどを通じ、尿がどのくらいたまっているかを10段階で教える。鍵を握るのが、装置内の四つの超音波センサー。上下4方向からそれぞれ超音波を発し、その跳ね返り具合から、ぼうこうの膨らみ具合を測る。ぼうこうは水風船のように伸び縮みする。その大きさや位置を調べることで、たまった尿の量がわかる。

 代表取締役の中西敦士さん(38)は言う。

「ヒントになったのは、超音波で胎児の状態を調べる装置。体に害はないし、仕組みも比較的シンプル。ただし、体格や姿勢、ぼうこうのサイズは人によってさまざま。その違いを、いかに調整して尿の量を測れるかがポイントになります」

 こだわったのは装着のしやすさだという。中西さんは続ける。

「7月に発売した最新版の重さは26グラムで単3電池1本ほど。精度を高める一方、違和感なく装着するには軽量化が必須で、センサーの数を最小限に抑えなければなりません。外部のメーカーと相談して相当な数のセンサーを試したり、配置の仕方を工夫したりと試行錯誤を重ねています」

1 2 3

あわせて読みたい

  • 転倒での死者は交通事故死の2倍以上 “転倒予防”グッズの進化がすごい!

    転倒での死者は交通事故死の2倍以上 “転倒予防”グッズの進化がすごい!

    週刊朝日

    9/14

    ワタミが売却した老人ホームは今どうなっているのか

    ワタミが売却した老人ホームは今どうなっているのか

    ダイヤモンド・オンライン

    10/11

  • 迫る便意を予測せよ!ここまで来た排泄ビジネス

    迫る便意を予測せよ!ここまで来た排泄ビジネス

    AERA

    5/15

    「こんな気苦労をするとは」老人施設の“ヒエラルキー”を入居者語る

    「こんな気苦労をするとは」老人施設の“ヒエラルキー”を入居者語る

    週刊朝日

    1/26

  • 「すぐに入れます」は要注意! 現場職員らが教える高齢者ホームの選び方

    「すぐに入れます」は要注意! 現場職員らが教える高齢者ホームの選び方

    週刊朝日

    8/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す