瀬戸内寂聴の体調不良、編集担当が説明「大事をとっての休載」

2021/11/06 16:00

 どうせ原稿を書くために何日も考え続けるわけではない。〆切ギリギリで、取りかかって小一時間で終る。その行為をちょっと時間を早めて、やったに過ぎない。こんなに相手の人がびっくりして、喜んで、感謝されるんだったら、またやっちゃおう。メールで依頼されると、その日か、2、3日の内に書いてしまう。大抵は驚いてくれる。このことは僕にとって一種の快感というかお遊びである。

 最近はこちらが慣れっこになって、相手がびっくりしたり、驚いたりしても、こちらがそれほど反応しなくなって、僕にとっての当り前の日常になってしまった。この往復書簡の連載原稿でも、ずっと先の原稿を2本は書いてしまう。別に編集者の鮎川さんを驚かしたり、喜ばせるためではない。「ただ早くやる」だけのことで、もう慣れっこになって鮎川さんも別に驚きもしない。ただ僕も鮎川さんもこの仕事でストレスにはなっていない。早くやることのメリットは遊びの復権(おおげさ)であり、人間回復(これもおおげさ)であり、何よりも健康のためにいい。すでに今日もこれで2本入稿したことになります。

 なんだったら、もう一本入稿しましょうかね(笑)。

◆瀬戸内寂聴「今回、編集担当の不肖・鮎川が担当します」

 瀬戸内寂聴さんが体調不良で、また秘書の瀬尾まなほさんは、今回どうしても時間が取れないとのことで、担編(編集担当)の不肖・鮎川が担当します。

 瀬戸内寂聴さんはお体が優れないとのことですが、大事をとっての休載ということでご心配なく。瀬戸内さんの文を楽しみにされている読者の方々、もう少しだけお待ちください。

 ここ数回瀬戸内さんのピンチヒッターというより、リリーフとしてご執筆された瀬尾まなほさん、ありがとうございました。瀬戸内さんが日々楽しく生活されている様子がうかがえ、麗しい光景が浮かんできました。

 さて、今回、横尾さんが「鮎川さんも別に驚きもしない」と書いていらっしゃいますが、全くそんなことはなく、驚かされるばかりです。いや、驚きを越して快感ですらあります。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 横尾忠則、変化球相談に「人生の目的は遊び。目標はぼんやりでいい」

    横尾忠則、変化球相談に「人生の目的は遊び。目標はぼんやりでいい」

    週刊朝日

    6/12

    瀬戸内寂聴さん死去「私はたぶん、今年死ぬ」   佐藤愛子さん「仲間がいなくなってしまった」

    瀬戸内寂聴さん死去「私はたぶん、今年死ぬ」  佐藤愛子さん「仲間がいなくなってしまった」

    dot.

    11/11

  • 瀬戸内寂聴「死ぬまでにもう一本、長編を」 原動力は70年前の別れ?

    瀬戸内寂聴「死ぬまでにもう一本、長編を」 原動力は70年前の別れ?

    週刊朝日

    2/23

    横尾忠則の風邪撃退法 葛根湯、厚着、発汗、寝る…「3、4日で治ります」

    横尾忠則の風邪撃退法 葛根湯、厚着、発汗、寝る…「3、4日で治ります」

    週刊朝日

    11/11

  • 瀬戸内寂聴さんは「死後の演出まで愉しんでいた」 50年来の友・横尾忠則が追悼

    瀬戸内寂聴さんは「死後の演出まで愉しんでいた」 50年来の友・横尾忠則が追悼

    週刊朝日

    11/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す