菅原文太が危惧した落第国家 古賀茂明

政官財の罪と罰

岸田政権

2021/11/02 07:00

 衆議院総選挙が終わった。今回の選挙の特徴の一つは、ほぼすべての政党が、公約の中で、国民への直接給付を強調していた点だ。格差是正や成長か分配かについての議論も盛んだった。先進国の中で日本だけが労働者の給料が上がっていないという事実が、かなりの時間差を伴って、ようやく国民に知れ渡るようになったことで、与党と言えども、国民の所得の引き上げについて強く意識せざるを得なくなったのだろう。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す