自民64議席減の予測 石原伸晃 下村博文、萩生田光一も当落線上か

2021/09/29 07:00

左から、自民党総裁選に出馬した岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、河野太郎行政改革担当相 (c)朝日新聞社
左から、自民党総裁選に出馬した岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、河野太郎行政改革担当相 (c)朝日新聞社

 天下分け目の衆院選が近づきつつある。新総裁のもとでイメージを一新した自民党に、野党は今回もしてやられるのか……いや、そうとも限らない。過去のデータを分析すると、野党共闘の成立次第で勝敗はガラッと変わることがわかってきた。

【“落選危機”自民・公明党議員リストはこちら】

*  *  *

 コロナ禍の拡大で国民から総スカンを食らった菅義偉政権。衆院議員の任期満了が10月21日に迫るなか、自民党は近年では最大の危機を迎えていた。ジャーナリストの二木啓孝氏は言う。

「8月ごろに自民が実施した衆院選の情勢調査は『60議席±10減』という衝撃的な結果だった。二階俊博幹事長が8月末にその資料を持って菅義偉首相と官邸で面会。この数字が退陣の決定打になったと言われています」

 次期衆院選の定数は465。過半数確保には233議席が必要だ。自民の現有議席は275で、43議席減らすと自民単独過半数割れ。また、公明党の現有議席は29。自公両党で合計72議席減ると与党過半数割れとなる。自民にとって“政権からの転落”が現実味を帯びていたのだ。

 進退窮まった菅首相は9月3日に総裁選不出馬を正式表明。11月までに実施される衆院選は新しい首相・総裁のもとで実施されることとなった。その後は連日、メディアをジャックした「総裁選ショー」で菅政権の失政は“リセット”され、またも与党は安泰……という結果になるのだろうか。

 だが、次の衆院選は前回と決定的に違う点がある。前出の二木氏は言う。

「2017年の衆院選で与党が圧勝したのは、選挙直前に民進党(当時)が希望の党と立憲民主党に分裂し、混乱の中で共産党との選挙協力も進まず、野党候補者が乱立したから。今回は前回ほど野党候補者の分裂選挙にはならない。自民は決して安泰ではなく、『どれだけ負けを減らせるか』の戦いになるでしょう」

 そこで本誌は、17年衆院選で仮に野党候補者の一本化ができていた場合、選挙結果がどうなっていたかをシミュレーションした。なお、国会で与党寄りのスタンスをとり、立憲らと明確に距離を置く維新の会は、野党候補の票に合算していない。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 菅自民は「おしまいDEATH」? 大阪では維新と「仁義なき戦い」

    菅自民は「おしまいDEATH」? 大阪では維新と「仁義なき戦い」

    週刊朝日

    10/3

    菅政権を倒すカギは「共産党」 “無敗の男”の仕掛けと赤旗砲

    菅政権を倒すカギは「共産党」 “無敗の男”の仕掛けと赤旗砲

    週刊朝日

    3/4

  • 菅政権下の衆院選は? 「自民逆風で前回票より減らすのは確実」と公明元幹部が嘆息

    菅政権下の衆院選は? 「自民逆風で前回票より減らすのは確実」と公明元幹部が嘆息

    週刊朝日

    8/20

    衆院選は12月6日? “ご祝儀相場”でも「自民24議席減」と予想

    衆院選は12月6日? “ご祝儀相場”でも「自民24議席減」と予想

    週刊朝日

    10/3

  • 立憲民主の返り討ちで悲惨 希望候補ら恨み節「小池代表のせいで共産が自民の補完勢力化」 最終盤55激戦区当落予測

    立憲民主の返り討ちで悲惨 希望候補ら恨み節「小池代表のせいで共産が自民の補完勢力化」 最終盤55激戦区当落予測

    dot.

    10/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す