妻殺害の罪に問われた「モーニング」元編集次長の支援者らが「判決に異議あり」と語る理由

2021/09/14 09:00


 2017年1月、講談社の漫画誌「モーニング」の朴鐘顕編集次長(当時。現在は退職)が妻に対する殺人の容疑で逮捕された。『GTO』などを担当したエース編集者の逮捕という異例の事態。裁判は一審、二審とも有罪となったが、支援者団体は、これまでの審理に問題があると指摘している。

あわせて読みたい

  • 無実を訴える元公務員が刑事司法の「いい加減さ」に憤る

    無実を訴える元公務員が刑事司法の「いい加減さ」に憤る

    週刊朝日

    12/6

    全国最年少市長に逆転有罪 地元美濃加茂市「静観」のワケ

    全国最年少市長に逆転有罪 地元美濃加茂市「静観」のワケ

    週刊朝日

    12/7

  • 「お父さんが布団に入ってくる」12歳少女は泣きながら訴えた 性虐待、逆転有罪判決がもたらす光
    筆者の顔写真

    北原みのり

    「お父さんが布団に入ってくる」12歳少女は泣きながら訴えた 性虐待、逆転有罪判決がもたらす光

    dot.

    12/23

    また冤罪か 「特急あずさ事件」の元公務員が再審請求

    また冤罪か 「特急あずさ事件」の元公務員が再審請求

    週刊朝日

    12/5

  • 痴漢事件で初の再審なるか 冤罪訴える難病男性

    痴漢事件で初の再審なるか 冤罪訴える難病男性

    週刊朝日

    2/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す