眞子さまと小室さんは共働きに? NY在住者「外食減らしてお弁当がいい」と助言

小室圭さん

2021/09/08 08:00

眞子さまと小室圭さん (c)朝日新聞社(代表撮影)
眞子さまと小室圭さん (c)朝日新聞社(代表撮影)

 小室圭さんの仕事が決まり、眞子さまと結婚してニューヨーク(NY)に住むとしたらどんな生活が待っているのか。NY在住18年のジャーナリスト津山恵子さんにアドバイスをしてもらった。

【写真】あわや尻餅をつきそうになった雅子さまを陛下がアシストしたショットはこちら

 NYの中心、マンハッタン。ここでマンションに住む場合、筆者がサイトで見た限りでは、日本の1LDKの間取りであれば、築年数にもよるが40平方メートルの広さで家賃が三十数万~四十数万円という感じであった。

 報道では、小室さんの母佳代さんや祖父も呼び寄せるのでは、との話も出ていたが、「それならば100万円以上になることを覚悟したほうがいいでしょう」(津山さん)。

 眞子さまと住むとなれば、40平方メートルというわけにはいかないだろう。セキュリティー面も重要だ。ちなみに、家賃を考えず、セキュリティーも万全で、最も住みやすい高級住宅街といえばどこか。

「マンハッタンのアッパーウェストサイドやアッパーイーストサイドですね。市長や大企業のCEO、医者といった富裕層が住んでいます」(同)

 これだけ家賃が高いと夫の収入だけでは厳しい。駐在員の家庭では共働きのケースもあり、駐在員の妻ができるのは日本語学校の講師などだという。仮に眞子さまが働くとすればどんな仕事だろうか。眞子さまの職歴としては、東京大学総合研究博物館が運営するミュージアムでの、週3日程度の特任研究員がある。

「若くて職歴がほとんどない場合、米国ではいきなりどこかに就職するというのは難しいです。インターンなどを経て、初めて同じスタートラインに立てます。眞子さまとはいえ、すぐに仕事というのは厳しいのでは」(同)

 ならば、家賃が安い郊外に住むのも一つの手だ。津山さんのお薦めは、NY市北部のウェストチェスター。マンハッタンまで電車で40分程度といい、「外食も減らして、お弁当を持っていくのがいいですね」(同)。

 しかし、これだけ生活費がかさむとなると、やはり気になるのは、皇室を離れる際に「品位保持のため」支出される一時金だ。眞子さまの場合、1億円を超えるとみられているが、辞退するとの見方も出ている。しかし、津山さんは「絶対もらったほうがいい」と話す。

1 2

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す