「ムー」女優・羽田美智子 隕石、氷河期の次はUFOに期待? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ムー」女優・羽田美智子 隕石、氷河期の次はUFOに期待?

連載「てれてれテレビ」

カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
カトリーヌあやこ・漫画家&TVウォッチャー

カトリーヌあやこ・漫画家&TVウォッチャー

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「#コールドゲーム」(フジテレビ系 土曜23:40~)をウォッチした。

【「#コールドゲーム」のイラストはこちら】

*  *  *
「オトナの土ドラ」で羽田美智子といえば「隕石(いんせき)家族」だ。巨大隕石が接近し、地球滅亡まであと半年という非常事態。

 いきなり「もう主婦は卒業! 高校時代の憧れの人と純愛する」と言い出すとんでも母さん・羽田。地球の危機より家庭内が超新星爆発だよっていうパニックホームコメディーだった。

 そして本作は、その「隕石」に続く世界線(ただし羽田は別人)。隕石衝突の影響で地球はマイナス45度の氷河期に。校舎を利用した避難所第七支部では、数十人がサバイバル生活を送っている。

 今回の羽田は、前科2犯の天才詐欺師・木村祥子。支部長・如月(中村俊介・「隕石」では羽田の憧れの人役)の考えで、すべて家族優先が徹底されている避難所。

 そこで祥子は寄せ集めの偽装家族を結成。生き別れた本当の息子といつか再会することを願って、過酷な生活に立ち向かう。

 まぁ過酷過酷言っても、優勝賞品のカップラーメン争って体育館で家族対抗リレーしたり(地熱発電とやらで館内の電気ピカーッ)、祥子の眉毛はアイブローでくっきり、唇はリップでつやつやだったり、献血(偽装家族を暴くため血液型を調べる狙い)して牛乳飲んだりけっこうのんき。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい