田原俊彦 周囲に怒られても役者は「主役じゃないとやんない」理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原俊彦 周囲に怒られても役者は「主役じゃないとやんない」理由

田原俊彦 (撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

田原俊彦 (撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

田原俊彦さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

田原俊彦さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・戸嶋日菜乃)

 今月、還暦の記念シングル「HA─HA─HAPPY」をリリースしたトシちゃんこと田原俊彦さん。60歳とは思えぬほど若々しい田原さんが作家・林真理子さんと久々の対談。スターとして40年以上輝く秘訣を明かしてくれました。

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:お久しぶり。三十数年前、「an・an」で対談して以来です。

田原:そんな前? 「an・an」で対談したのは覚えてるけど、いつだったかなと思って。

林:バブルのころですよ。今でも記憶に残ってます。かなり夜遅い時間に、外でデートっぽく写真撮ってたら、若い女の子たちがワラワラと出てきて、「えっ、ファンの人、どうしてここで撮影してるって知ってるの?」と思って(笑)。

田原:うれしいな、三十数年ぶりに対談させてもらって。林さんとは同郷(山梨県)だもんね。

林:でも田原さん、それを昔は言いたくなかったんですよね。「横須賀生まれ」とか言っちゃって(笑)。アイドルは「山梨出身」と言うより「横須賀出身」って言いたいですもんね(笑)。

田原:だってほんとに横須賀生まれなんだもん。山口百恵さんと同じ町だよ。甲府には、小学校1年のときに引っ越したんです。

林:田原さん、今年還暦なんですって? 信じられない。

田原:ほんとだよね。自分でも信じられない。相変わらず歌って踊って暴れてるんで、みんな「エッ、そうなの?」って言いますね。僕自身そんなに年齢的なことは感じてなくて。いまみんな若いじゃないですか。「人生100年」なんて言ってるぐらいだから、世の中の人、全体的にみんな若いんじゃないのかな。

林:還暦の記念シングル「HA─HA─HAPPY」聴きました。「あの世でもよろしく」っていう歌詞、笑っちゃった。

田原:ハハハハッ。あの世に行ってもトシちゃんと遊べるんだ、みたいなね。けっこうウケてるんですよ、それ。岩里祐穂さんという大御所の作詞家の方なんですけど、去年、僕のステージを見に来てくれて、歌って踊る現在の僕を見て、何か感じるところがあったんでしょうね。ファンの人との何とも言えない空気感、コミュニケーションを見て、それを作品にしてくれたんだと思うんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい