ホステスの“愛人的倫理観”とは? 水商売協会代表・甲賀香織が語る (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ホステスの“愛人的倫理観”とは? 水商売協会代表・甲賀香織が語る

週刊朝日
甲賀香織 (撮影/写真部・高野楓菜)

甲賀香織 (撮影/写真部・高野楓菜)

甲賀香織さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・高野楓菜)

甲賀香織さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・高野楓菜)

 銀座の高級クラブのナンバーワンとなった後、日本水商売協会を立ち上げ、コロナ禍の今も奮闘中の甲賀香織さん。銀座のママたちとも交流を持つ、作家・林真理子さんがその活動を伺いました。

>>【対談2:水商売協会代表・甲賀香織「本当に尊敬できる政治家さんって少ない」】より続く

【甲賀香織さんと林真理子さんのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:水商売協会の具体的な仕事としては、どんなことをされてるんですか。

甲賀:私、コンサルティング会社で専門だったのが人材教育だったんです。「見て盗め」の水商売も、ノウハウを伝えるような場をつくることが必要じゃないかと思って、「お水大学」という水商売の教育機関をつくりました。ホスト、ホステスさんの一人ひとりの能力の開発と向上を目的としています。これが協会の前身となる事業です。

林:へぇ~、おもしろい。お客さんへのメールの一斉送信とか、いろんなことをレクチャーしてるんでしょう?

甲賀:はい。メールの一斉送信も、当時そういう発想がこの業界にはなくて、段ボールいっぱいにためた名刺を、「このお客さんはもう来ないから」って捨ててしまってたんですね。でも、お名刺をくださったお客さまは、自らお名刺をくださっているわけなので、営業されることを半分期待しているわけですよ。なのに捨ててしまうのはある意味失礼だし、かといって何千件も一件一件連絡するのは現実的ではない。そこで、コアなお客さまは個別に対応するにしても、その他大勢の主にノーリアクションのお客さまに対する営業を、システムの力を借りてやっていただくという事業をしています。

林:なるほど。業界にとっては画期的なことですよね。

甲賀:コロナ禍で停滞気味でしたが、業界活性化への動きもそろそろ始めたいと思っていて、「NIGHT QUEENグランプリ」という、夜の皆さんのミスコンのようなものを11月に開催する予定なんです。ちなみに私、いま第4子を妊娠中で……。

林:あっ、そうなんですか。おめでとうございます。4人目とは、たのもしいですね。予定日はいつなんですか。

甲賀:9月なんです。なので、私の勝手な都合もあり、11月に決めたんですけど、イベントを通して、業界の皆さんの仕事に対する熱い思いや、ユニークな方々のご紹介など明るい部分を発信していけたらいいなと思っています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい