家は借りられず国は在宅死を推奨 「高齢者差別」の現実

ときめきは前ぶれもなく

ときめきは前ぶれもなく

2021/04/16 07:00

「高齢者」と年齢でひとくくりにすることをやめたい。みな個人で、一人一人違う考えを持ち、一番自分らしい最後を生きたいと願う人たちの自由を奪わないでいただきたい。施設に入らずともひとり暮らしで楽しく仕事も趣味も持ち、生涯現役の人が増えている。寿命も九十歳、百歳など珍しくない昨今、自分で生き方を選べる社会であって欲しいのだ。

 高齢者差別が存在する現状をある小冊子に書いたら、スポンサーからクレームがきて、差別という言葉をやめてもらいたいと言ってきた。

 性差別をはじめ、実際に差別があるというのに、差別という言葉を使わないわけにはいかない。ということで、その原稿はとりやめにしたが、差別という言葉への差別すら、この世に存在することを知らされて唖然としてしまった。

週刊朝日  2021年4月23日号

■下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

下重暁子

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。この連載に加筆した『死は最後で最大のときめき』(朝日新書)が発売中

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 「死ぬ時は死ぬがよろし」 作家・下重暁子の心がけ
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「死ぬ時は死ぬがよろし」 作家・下重暁子の心がけ

    週刊朝日

    2/5

    「死に方は生き方である」明治生まれの母が遺したもの 作家・下重暁子
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「死に方は生き方である」明治生まれの母が遺したもの 作家・下重暁子

    週刊朝日

    3/20

  • 高齢者をスマホから除け者にしないで 作家・下重暁子もガラケーから買い替えた
    筆者の顔写真

    下重暁子

    高齢者をスマホから除け者にしないで 作家・下重暁子もガラケーから買い替えた

    週刊朝日

    10/9

    「敬老の日」はいらない、年齢は捨てなさい 作家・下重暁子が考える理由
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「敬老の日」はいらない、年齢は捨てなさい 作家・下重暁子が考える理由

    週刊朝日

    10/2

  • 究極の終活につながる「孤独スタイル」って? 『極上の孤独』著者に聞く

    究極の終活につながる「孤独スタイル」って? 『極上の孤独』著者に聞く

    週刊朝日

    5/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す