【家つまみ】食べすぎ注意! パンのお供に…「春キャベツの白味噌煮込み」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】食べすぎ注意! パンのお供に…「春キャベツの白味噌煮込み」

連載「家つまみでひとやすみ」

黒田民子週刊朝日#黒田民子
春キャベツの白味噌煮込み  (撮影/写真部・松永卓也)

春キャベツの白味噌煮込み  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】白味噌、酒粕、ブルーチーズは器に入れ、鍋のスープを少し加えてよく混ぜ合わせる。(左) ブロッコリーは煮すぎると色が悪くなるので、最後に加えて数分煮込む。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】白味噌、酒粕、ブルーチーズは器に入れ、鍋のスープを少し加えてよく混ぜ合わせる。(左) ブロッコリーは煮すぎると色が悪くなるので、最後に加えて数分煮込む。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「春キャベツの白味噌煮込み」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 春キャベツが出回るようになりました。葉がふんわりとやわらかく、甘みがあるので私も大好き。生でそのまま食べてもおいしいのですが、加熱するとより甘みが増します。発酵食品の白味噌や酒粕、ブルーチーズのうまみを加えた煮込み料理をご紹介しましょう。

 キャベツは半分を4等分に切ります。そのまま鍋に入れるので、形を崩さないようにしてくださいね。生椎茸は軸を切り落とします。鍋に水とチキンコンソメを入れたら弱火にし、よく混ぜ合わせた白味噌、酒粕、ブルーチーズを加えます。この時、鍋のスープを少し足すと混ざりやすいですよ。

 次にキャベツと椎茸を入れたらフタをして蒸し煮にします。野菜がやわらかくなるまでとろ火でじっくりと煮てください。最後にブロッコリーを入れて少し煮たら、完成。器に盛り付け、黒胡椒をふります。

 キャベツの甘みとブルーチーズの塩気がとけ込むスープは、バゲットのお供に最高。食べすぎにはご注意くださいね(笑)。

(構成/沖村かなみ)

■春キャベツの白味噌煮込み
【材料】(2人分)春キャベツ1/2個、生椎茸4個、ブロッコリー1/2個、水300ml、チキンコンソメ(固形)1/2個、白味噌・酒粕・ブルーチーズ各30g、黒胡椒少々

【作り方】(1)キャベツは4等分に切る。生椎茸は軸を切り落とす。ブロッコリーはひとくち大に切る。(2)鍋に水とコンソメを入れて弱火にかける。(3)白味噌、酒粕、ブルーチーズを器に入れよく混ぜ合わせ、鍋に加えて混ぜる。(4)キャベツと生椎茸を加えてフタをして、やわらかくなるまでとろ火で約30分煮る。(5)最後にブロッコリーを加えてフタをして、3分ほど煮る。(6)器に盛り付け、黒胡椒をふる。

【ワンポイントアドバイス】白味噌、酒粕、ブルーチーズは器に入れ、鍋のスープを少し加えてよく混ぜ合わせる。ブロッコリーは煮すぎると色が悪くなるので、最後に加えて数分煮込む。

週刊朝日  2021年3月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい